赤ちゃん揺さぶる動画拡散 運営会社がベビーシッターを退会に

赤ちゃんが横たわったゆりかごをベビーシッターが激しく揺さぶる様子を撮影した動画がSNS上で拡散し、このベビーシッターを仲介したサイトの運営会社が、問題ある行為が行われた可能性が高いとして、このシッターを退会させる措置をとったと発表しました。

動画には赤ちゃんが横たわっているゆりかごを、世話をしている人が何度も前後に激しく揺さぶり、赤ちゃんの体が浮くような様子も確認できます。

動画はベビーシッターと利用者を仲介するサイト「キッズライン」を利用した際の様子を録画したものだとして、ツイッターなどで拡散しました。

これを受け会社は今月10日、登録していたベビーシッターが問題のある行動をしていたと保護者から指摘を受けたとするコメントをホームページに掲載しました。

会社によりますとことし7月、拡散している動画と同じ内容の映像を保護者から提供を受け、担当したベビーシッターに聞き取りを行った結果、不適切で問題ある行動をとった可能性が高いとして退会させる措置をとったということです。

キッズラインは、再発防止に向け選考プロセスの厳格化や研修など安全確保の取り組みを続けていくとしています。

この会社をめぐっては去年、登録していたベビーシッター2人が預かり中の子どもにわいせつな行為をした疑いで逮捕され、ことし1月にはベビーシッター40人余りが法律で義務づけられた届け出を行っていなかったことが明らかになっています。