れ新 衆院選の公約発表 「積極財政」に転換 消費税廃止を

れいわ新選組は、新型コロナウイルスの影響で傷んだ国民生活を支えるため「積極財政」に転換し、消費税を廃止することなどを盛り込んだ衆議院選挙の公約を発表しました。

れいわ新選組の山本代表は13日、記者会見し、衆議院選挙の公約を発表しました。

公約では新型コロナの影響で傷んだ国民生活を支えるため、国債を財源に「積極財政」に転換するとしています。

そして消費税を廃止し、生活が厳しい人などへの家賃補助の支給を行うほか、児童手当の倍増などに取り組んでいくとしています。

またエネルギー政策では国が原発を買い上げて廃炉を進め、「脱原発」を実現していくことも明記しています。

山本氏は「自民党が経済政策を間違い続けて一部に富が集中している。この地獄を続けるのか、ブレーキをかけて社会を修復する政治を選ぶのか、衆議院選挙で問いたい」と述べました。