岸田内閣で初のNSC閣僚会合 安全保障政策の方向性など議論

政府は13日、岸田内閣の発足後初めてNSC=国家安全保障会議の閣僚会合を開き、安全保障政策の中長期的な方向性などについて議論が行われました。

外交・安全保障政策の司令塔となるNSC=国家安全保障会議の閣僚会合は、13日午後、総理大臣官邸で岸田内閣の発足後初めて開かれ、岸田総理大臣や茂木外務大臣のほか、鈴木財務大臣や小林経済安全保障担当大臣らが出席しました。

会合では安全保障政策の中長期的な方向性などについて議論が行われ、政府は今後も必要に応じて閣僚会合を開き、外交・安全保障の重要課題を議論することにしています。