茨城 送迎バス事故 園児ら15人重軽傷 運転手「ぼーっとして」

13日朝、茨城県那珂市で、幼稚園の送迎バスが県道沿いのブロック塀に衝突し、園児ら2人が骨折するなど、バスに乗っていた合わせて15人が重軽傷を負いました。いずれも命に別状はないということです。
警察の調べに対し、70歳の運転手は「ぼーっとしてしまった」と話しているということで、警察は事故の詳しい状況を調べています。

午前8時半ごろ、那珂市鴻巣の県道で、幼稚園の送迎バスが道路沿いのブロック塀に衝突しました。

警察によりますと、バスには園児16人と教諭1人、それに運転手1人の合わせて18人が乗っていて、このうち、5歳の女の子が左足のすねを、33歳の女性教諭があばら骨を骨折する、大けがをしたということです。

このほか、園児12人と70歳の運転手の男性も軽いけがをしましたが、いずれも命に別状はないということです。

バスは路側帯から大きく左に外れてブロック塀に衝突し、前方が大きく壊れていて、警察の調べに対し、運転手の男性は「ぼーっとしてしまった。動物が飛び出したのでよけた」と話しているということです。

警察は事故の詳しい状況を調べています。

現場は、JR水郡線の常陸鴻巣駅から南に500メートル余りの、片側1車線で見通しのよい直線道路です。