神戸5人殺傷 初公判 被告弁護士 責任能力無かったと無罪主張

4年前、神戸市で祖父母と近所の女性の3人を殺害し、母親など2人に大けがをさせたとして、殺人などの罪に問われている30歳の被告の裁判が神戸地方裁判所で始まりました。
被告が起訴された内容を認めた一方で、弁護士は、精神疾患の影響で責任能力は無かったとして無罪を主張しました。

神戸市北区の無職、竹島叶実被告(30)は、平成29年7月、83歳だった祖父と祖母、近所に住む79歳の女性を包丁で刺すなどして殺害したほか、母親や別の近所の女性にも大けがをさせたとして、殺人などの罪に問われています。

13日、神戸地方裁判所で初公判が開かれ、竹島被告は起訴された内容に誤りがあるかと問われ、「いいえ。ありません」と述べて、5人を襲ったことを認めました。

一方、弁護士は精神疾患の影響で、当時、被告は心神喪失の状態で、責任能力は無かったとして、無罪を主張しました。

これに対し検察は、「被告は精神疾患の影響で妄想を抱くようになり、責任能力は十分ではなかったが、善悪の判断と行動を制御する能力は残されていた」と主張しました。

遺族「今なお信じられない 悲しみ深まる」

被告の初公判に合わせ、近所に住んでいて殺害された辻やゑ子さん(79)の長女と長男が心境をつづったコメントを公表しました。

「事件から4年以上がたちましたが、今なお、信じられない、悪い夢なら覚めてほしいという感覚は変わっておらず、母を失った悲しみは深まりはしても、薄れはしません。被告側が無罪主張するという報道を見ました。法律上の主張をしているということだと思いますが、心がかき乱され、許せないという思いが一層強くなります。無差別殺人を行い、『誰でもいいから刺してやろうと思っていた』などと言っていた人が無罪になるような社会を、私たちは信じることができません」としています。

大けがの女性「裁判通じて自分と向き合い反省を」

また、事件で大けがをした前北操さん(69)もコメントを公表しました。

「できるだけ、事件のことを考えないでおこうと努めてきましたが、今でも忘れることはできません。思い出したくない気持ちもありますが、しっかりと裁判の経過を見守りたいと思います。被告には裁判を通じて、自分はこれだけのひどいことをしたのだと向き合って反省してほしいです。裁判官と裁判員の皆様には、事件のことをよく考えていただき、適切なご判断をしていただくよう、お願いしたいです」とつづっています。