海上自衛隊と米豪印の海軍が共同訓練開始 中国念頭に連携確認

アメリカ国防総省は、日本の海上自衛隊とアメリカ、インド、オーストラリアの海軍による共同訓練を開始したと発表し、中国を念頭にした4か国の安全保障面での連携を確認するねらいがあるとみられます。

アメリカ国防総省のカービー報道官は12日、記者会見で、日本の海上自衛隊とアメリカ、インド、オーストラリアの海軍による共同訓練、「マラバール」を開始したと発表しました。

訓練は、インド近海で行われていて、カービー報道官は「同盟国などとの結束を強化したい」と強調しました。

アメリカのバイデン政権は中国に対抗していくうえで、「クアッド」と呼ばれる日本とオーストラリア、それにインドの4か国による連携を重視しています。

4か国をめぐっては、アメリカで先月、首脳による初めての対面での会合が開かれましたが、中国を過度に刺激したくないとされるインドに配慮して安全保障分野での協力をアピールする姿勢は抑えるなど、参加国の間の温度差も指摘されています。

それだけに、バイデン政権としては、今回の訓練を通じて、急速に軍事力を増強する中国を念頭にした4か国の安全保障面での連携を確認するねらいがあるとみられます。

木原官房副長官「結束をさらに深めたい」

木原官房副長官は午前の記者会見で「民主主義や法の支配といった基本的価値観を共有する、日米印豪『クアッド』4か国が緊密に連携していくということで『自由で開かれたインド太平洋』の維持・強化を進めていくうえで、極めて重要なものだ。訓練で、結束をさらに深めていきたいし、深められると承知している」と述べました。