イスラエル 1500年前に造られた巨大ワイナリーの遺跡発掘

中東のイスラエルで、およそ1500年前のビザンツ帝国時代に造られた巨大なワイナリーの遺跡が発掘されました。当時、商業用のワインが大量生産され、地中海周辺で広く流通していたことを示す貴重な発見として注目されています。

イスラエル考古学庁は11日、最大都市テルアビブ近郊のヤブネで、およそ1500年前のビザンツ帝国時代のワイナリーの遺跡を発見したと発表しました。

遺跡の規模はおよそ1平方キロメートルで、区画されたエリアにブドウの果汁を搾る場所やワインを熟成させるための倉庫の跡などが確認されていて、ワインを入れていたとみられる大小さまざまな土器も出土しました。
考古学庁によりますと、当時としては世界最大級のワイナリーだったとみられ、年間およそ200万リットルのワインを製造していたと推測されるということです。

発掘調査にあたった考古学者は「これほど規模が大きく、ワインを製造するためのさまざまな機能を集めた施設の遺跡は見たことがない」と話していて、ビザンツ帝国時代に商業用のワインが大量生産され、ローマやエルサレムなどの地中海周辺で広く流通していたことを示す貴重な発見だとしています。