解体中の市役所旧庁舎を破壊も 実践的な救助訓練 岐阜 各務原

岐阜県各務原市で解体中の市役所の旧庁舎を使って床などを破壊する実践的な救助訓練が行われました。

この訓練は、実際の建物を使うことで消防隊員の救助技術を高めようと各務原市消防本部が建物の老朽化に伴って解体中の市役所旧庁舎で行い、隊員およそ15人が参加しました。

訓練は、大規模な地震が発生して狭い空間に要救助者が閉じ込められているという想定で行われ、隊員1人がロープを使って3階から2階部分に降りたあと、負傷した男性を引き上げて救助する手順を確認しました。

また、コンクリート製の床に実際に穴を開ける訓練も行われ、隊員が電動ドリルを使って床に小さい穴を開け、取り残された要救助者の様子を確認したり、工具で救助に入るための穴を開けたりしていました。

今回の訓練は救出技術の向上だけでなく、実際の建物を使うことで救助活動での隊員の疲労度も調査して、実践での救助計画の作成に役立てるということです。

各務原市消防本部の林由紀夫西部方面消防署長は「実際の建物を使うことで床に穴を開けてもダクトなどの障害物があってすぐに救助に行けないことなどに気付くことができ、実践的な学びになった」と話していました。