岸田首相 「子ども食堂」視察 行政との橋渡し役のNPO支援へ

岸田総理大臣は、経済的に厳しい家庭の子どもたちに食事を提供する東京都内の「子ども食堂」を視察し、行政との橋渡し役を担っているNPOへの支援を進めていく考えを示しました。

岸田総理大臣は、12日夜、野田少子化担当大臣とともに東京・大田区の「子ども食堂」を視察し、運営する団体や孤独や孤立の問題の支援にあたるNPOなどから、新型コロナウイルスの影響で困窮している家庭の実情などを聴き取りました。

このあと、岸田総理大臣は記者団に対し「ひとり親や、孤独・孤立、子どもの貧困など、さまざまな課題に向き合い、困っている方々を支援している人たちの声を聴かせていただき、想像以上に切実で厳しい現実を感じた」と述べました。

そのうえで、「行政との橋渡しをするNPOの皆さんを支援する取り組みを、政治として、まず、考えていかなければいけない」と述べ、引き続きNPOへの支援を進めていく考えを示しました。

また、岸田総理大臣は行政と学校、NPOなどが支援が必要な家庭の情報などを共有する仕組みを構築できないか検討する考えを示しました。