北朝鮮国営テレビ キム総書記が兵器集めた展示会見て回る映像

北朝鮮の国営テレビは12日夜、キム・ジョンウン(金正恩)総書記がさまざまな兵器を集めた展示会で演説を行うとともに、ICBM=大陸間弾道ミサイル級とみられるミサイルなどを見て回る映像を放送し、核・ミサイル開発を進めていく姿勢を強調するねらいがあるとみられます。

北朝鮮国営の朝鮮中央テレビは12日午後8時からの放送で、首都ピョンヤンで11日、キム・ジョンウン総書記が出席して開幕した「国防発展展覧会」の映像を伝えました。

この中で、キム総書記はライトアップされた戦闘機などが上空を飛行する様子をながめたあと、過去5年間に開発したとする兵器が並ぶ屋内の会場で演説し、北朝鮮に対話を呼びかけているアメリカについて「信じるに足る根拠は一つもない」などと述べ、不信感をあらわにしました。

続いてキム総書記が、去年10月の軍事パレードで登場した大型のICBM=大陸間弾道ミサイル級のミサイルや、異なる大きさのSLBM=潜水艦発射弾道ミサイル、それに先月初めて発射された極超音速ミサイルとみられる兵器などを見て回る様子が確認できます。
北朝鮮としては、キム総書記の立ち会いのもと、大規模な展示会を開いて最新の兵器を誇示することで、今後も核・ミサイル開発を進めていく姿勢を強調するねらいがあるとみられます。