ソフトバンク ドラフト1位の風間「球速160キロと300勝目指す」

プロ野球のドラフト会議でソフトバンクから1位で指名された秋田の明桜高校の風間球打投手が12日、球団から指名のあいさつを受け、「球速160キロと300勝を目指したい」と意気込みを語りました。

風間投手はことし夏の秋田大会で球速157キロをマークし、世代最速の右ピッチャーとして一躍、注目を集めました。

風間投手は12日夕方、秋田市の明桜高校で11日のドラフト会議で単独で1位指名したソフトバンクの永井智浩編成育成本部長から指名のあいさつを受けました。

風間投手は「プロになる実感がわいてきた。日本の野球界を背負うピッチャーとなり、球速160キロと300勝を目指したい」と意気込みを語りました。

永井編成育成本部長は「ことしのナンバーワンのピッチャーという評価と、抽せんを予想していた中で、1位指名を公表した思いが交渉権の獲得につながったという話をした」と述べました。

このあと、王貞治球団会長と工藤公康監督のサインが入ったボールが贈られ、風間投手は報道陣に向かってポーズをとって喜びを表現していました。