首相 JA全中会長と面会 農業の成長産業化や輸出強化の考え示す

岸田総理大臣は、JA全中=全国農業協同組合中央会の中家徹会長らと面会し、食料の安定確保などを通じて、足腰の強い農村や農家をつくるとともに、農業の成長産業化や高付加価値化、輸出力強化などを進めていく考えを示しました。

この中で岸田総理大臣は「食料の安定確保や多面的な農業の実現を通じて、足腰の強い農村、農家をつくっていかなければいけない。新しい政権においても、農業の成長産業化や高付加価値化、輸出力強化、デジタルの導入をしっかり進めていく」と強調しました。

そのうえで「私も『新しい資本主義』に向け、幅広い所得の向上を訴えている。農家の所得向上のために、引き続き、自己改革を進め、ともに新しい時代を切り開いていただければと思う」と要請しました。

また、新型コロナウイルスの影響によるコメの価格の下落をめぐり、中家会長が「コメはやっぱり農業の象徴だ」として支援を求めたのに対し、岸田総理大臣は価格の下落は深刻な課題だとして、15万トンの特別枠を活用し、飲食店や子ども食堂などへの販売支援を行っていく考えを示しました。