ノーベル平和賞受賞 大統領が演説でひと言も触れず フィリピン

ことしのノーベル平和賞に、ドゥテルテ政権の強権的な姿勢を批判してきたフィリピンのジャーナリスト、マリア・レッサ氏が選ばれたことについて、受賞発表から3日たった11日、フィリピン大統領府が祝意を示しましたが、ドゥテルテ大統領本人は演説でひと言も触れず、地元メディアから批判も出ています。

ノルウェーのオスロにある選考委員会は今月8日、ことしのノーベル平和賞に、フィリピンのマリア・レッサ氏と、ロシアのドミトリー・ムラートフ氏の2人のジャーナリストを選んだと発表しました。

このうちインターネットメディアの代表を務めるレッサ氏は、ドゥテルテ政権の、容疑者の殺害も辞さない違法薬物の取締りなど、強権的な姿勢を厳しく批判してきたことから、政府の反応に注目が集まっていました。

こうした中、受賞の発表から3日がたった11日になって、大統領府の報道官は定例の記者会見で「フィリピン人にとっての勝利だ」と述べて祝意を示しました。

一方、同じ日の深夜にはドゥテルテ大統領本人がテレビ演説を行いましたが、1時間余り続いた演説の中、大統領はレッサ氏の受賞にはひと言も触れませんでした。

ドゥテルテ大統領はこれまで、レッサ氏の記事を「フェイクニュースだ」などと非難していましたが、一部の地元メディアからは「賞の意義を分かち合うべきではないか」との批判も出ています。