プロ野球 阪神 ドラフト1位指名 高知 森木に指名あいさつ

プロ野球ドラフト会議で阪神から1位で指名された高知高校の森木大智投手が、球団から指名のあいさつを受け「勝利に貢献できるよう頑張りたい」と意気込みを話しました。

森木投手は最速154キロのストレートと、多彩な変化球が持ち味の右投げのピッチャーで、11日に行われたドラフト会議で阪神が1位で指名し、交渉権を獲得しました。

ドラフト会議から一夜明けた12日、森木投手は高知市にある高知高校に訪れた阪神の嶌村聡球団本部長などから指名のあいさつを受けました。

この中では、嶌村球団本部長から「甲子園のマウンドで躍動する姿が思い浮かぶし、ファンの人たちもそう思っている。これから一歩一歩成長していってもらいたい」と激励され、担当のスカウトから矢野監督のサインが書かれたドラフト会議のIDカードが森木投手に手渡されました。
指名のあいさつを受けた森木投手は「小さいときから親しみがあり、縁がある球団に選ばれやりがいを感じる。期待されていると思うので、その期待に応えられるように阪神の勝利に貢献できるよう頑張りたい」と意気込みを話しました。

そのうえで「1年目は土台づくりや体づくりが大事だと思うが、年数を重ねたあとは日本を代表するような選手になって日本のトップに立ちたい」と目標を掲げていました。