衆議院本会議は14日午後1時から 与野党が合意

岸田総理大臣が14日に衆議院を解散する方針を表明していることを踏まえ、衆議院議院運営委員会で、与野党は14日午後1時から衆議院本会議を開くことで合意しました。

衆議院の解散・総選挙をめぐり、岸田総理大臣は国会会期末の14日、衆議院を解散し、今月19日公示、31日投開票の日程で選挙を行う方針を表明しています。

これを踏まえ、12日午前に開かれた衆議院議院運営委員会で、与党側が14日午後1時から衆議院本会議を開くことを提案したのに対し、野党側は「本会議を開くこと自体は反対しない」として、これを受け入れました。

一方、野党側は衆議院選挙の前に岸田内閣の基本姿勢などについて、さらに議論する必要があるとして予算委員会を開くよう求めたのに対し、与党側は持ち帰って検討する考えを伝えました。