北朝鮮キム総書記 米韓非難“敵対的でないと信じる根拠ない”

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)総書記が、ミサイルなどの兵器を集めた展示会で演説し、北朝鮮に対話を呼びかけているアメリカについて「敵対的でないと信じるに足る根拠はひとつもない」と述べて非難しました。

12日付けの朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は、北朝鮮で11日、過去5年間に開発した兵器を集めた「国防発展展覧会」が開幕し、キム・ジョンウン総書記が演説したと伝えました。

屋内の会場にはさまざまな兵器が展示され、この中にはICBM=大陸間弾道ミサイル級のミサイルや9月発射実験を行った極超音速ミサイルのように見える兵器なども写っています。

演説の中でキム総書記は、北朝鮮に対話を呼びかけているアメリカについて「わが国に対して敵対的でないというシグナルを最近しきりに送っているが、信じるに足る根拠はひとつもない」と述べて非難しました。

さらに韓国について、ミサイル開発を行い、アメリカの支援のもとさまざまな先端兵器を持ち込んでいるとしたうえで「われわれを対話と協力の相手ではなく、脅威の対象としており、われわれに対する敵対心が体質化している」と対抗姿勢を鮮明にしました。
北朝鮮としてはキム総書記の立ち会いのもと、大規模な展示会で最新の兵器を誇示することで、引き続き軍事力を強化していく姿勢を示すねらいがあるものとみられます。