経済的に厳しい子どもの学び支えたい 緊急の支援事業

新型コロナの影響で経済的に厳しい状況にある子どもたちの学びを支援しようと、金融機関に預けられたまま取り引きがない預貯金、いわゆる「休眠預金」を活用した支援事業が始まりました。

この事業は子どもの学習支援などを行っているNPO法人などが始めました。

いわゆる「休眠預金」を活用して公共性の高い民間事業に助成を行う国の制度を使い、子どもの学習支援や居場所作り、体験学習などを行っている団体を全国から募集します。

そして、およそ3億5000万円の休眠預金をもとに最大で20の団体に500万円から5000万円までの助成金を出し、活動を支援していくとしています。

NPO法人によりますと、新型コロナの影響で親が仕事を失い、食事を十分にとれなかったり、学習用品をそろえられなかったりする子どもがいるほか、寄付金などが減り学習支援などの活動に影響が出ている支援団体もあるということです。
NPO法人キッズドアの渡辺由美子代表は「このままでは、経済状況による子どもたちの学力差が、より広がっていってしまうおそれがある。子どもが楽しく学び文化体験もできるよう、支援にあたっている団体は積極的に応募してほしい」と話しています。

募集は今月18日まで、コロナ学習格差緊急支援事業・運営事務局のサイトで受け付けているほか、キッズドアのホームページでも情報を見ることができます。