れ新 山本代表 衆院選 東京8区からの立候補とりやめを表明

衆議院選挙で東京8区からの立候補を先週表明した、れいわ新選組の山本太郎代表は11日夜、一転して立候補をとりやめる考えを明らかにしました。

山本代表は、こんどの衆議院選挙で、東京8区から立候補することを先週8日に表明していました。

そして11日夜、山本氏は、横浜市で街頭演説し「東京8区でこれまで活動していた人たちとの間でハレーションが起きた。おりることでけじめをつけたい」と、一転して立候補をとりやめる考えを明らかにしました。

そのうえで「私は、野党共闘を壊したいわけではない。政権をとるために、本気の共闘をスタートさせたい」と述べました。

東京8区では、野党共闘を進める立憲民主党と共産党も、新人の擁立を発表していて、山本氏は、先週、みずからに候補者の一本化が図られるとの見方を示しましたが両党の関係者からは「困惑している」といった声が出されていました。