拉致問題めぐり不適切発言 立民 生方議員 支援団体訪れ 謝罪

立憲民主党の生方幸夫衆議院議員は11日夕方、都内にある拉致被害者家族の支援団体「救う会」の事務所を訪れて西岡力会長と面会し、みずからの発言について謝罪しました。

このあと報道陣の取材に応じ「私自身が検証し、確信をもって話したことではない。政府も党も拉致被害者は生存しているという前提に立っており、自分の間違った認識を改めた。被害者家族の心情をおもんぱからない発言で傷つけてしまい本当に申し訳ない」と述べました。