財務省決裁文書 改ざん関与で自殺した職員の遺族 国会を傍聴

財務省の決裁文書の改ざんに関与させられ自殺した近畿財務局の男性職員の妻が11日、国会で問題の再調査を求めて、自身が岸田総理大臣に送った手紙をめぐる質疑を傍聴しました。このあと記者団に対し「再調査に向けた前向きな答弁がなく残念だ」と述べました。

11日の衆議院の代表質問では、財務省の決裁文書の改ざんに関与させられ自殺した近畿財務局の職員、赤木俊夫さん(当時54)の妻の雅子さんが問題の再調査を求めて、岸田総理大臣に送った手紙をめぐっても質疑が行われ、雅子さんも傍聴席で耳を傾けました。

この中では、野党側が、手紙を踏まえた今後の対応をただしたのに対し、岸田総理大臣は「財務省で事実を徹底して調査し、調査報告書をとりまとめている。これまでも国会などで説明を行ってきていて、今後も必要に応じてしっかり説明していく」と述べました。

傍聴したあと雅子さんは、記者団に対し「再調査に向けて、前向きな答弁がなかったのは残念だ。岸田総理大臣は『話を聞くのが得意だ』と言っていたので、これから考えが変わるときが来ることに期待したい」と述べました。