特産の食用ほおずき 収穫期迎える 茨城 高萩

茨城県高萩市では市特産の「食用ほおずき」が収穫の時期を迎えています。

食用ほおずきは、果物のような甘酸っぱい味が特徴で、茨城県高萩市内では11軒の農家が生産しています。

このうち蓬田茂さんの畑では、高さ1.5メートルほどの枝にほおずきが実り、収穫の時期を迎えています。

蓬田さんは、茶色く熟したほおずきを選び、はさみを使って一つ一つ丁寧に摘み取っていました。

収穫したほおずきは、畑の近くにある作業場で一晩乾燥させたあと、品質や重さごとに選別され、市内の土産物店などで販売されるということです。
蓬田さんは「ことしは例年よりも出来栄えはいいです。おいしいほおずきをひとりでも多くの人に味わってほしいです」と話していました。

高萩市のほおずきの収穫は今月末まで続きます。