点滴で3人殺害 元看護師“精神的にも肉体的にもきつかった”

横浜市の病院で、入院患者3人の点滴に消毒液を混入して殺害した罪に問われている元看護師の裁判は、11日から被告人質問が始まり、元看護師は事件前の状況について「精神的にも肉体的にもきつかった。やめたいと思っていた」などと述べました。

横浜市神奈川区の旧「大口病院」の元看護師、久保木愛弓被告(34)は、5年前の平成28年、70代から80代の入院患者3人の点滴に消毒液を混入し、殺害した罪などに問われています。

11日から被告人質問が始まり、紺のスーツ姿で出廷した被告は、弁護士から看護師を志望したときの気持ちについて尋ねられると「患者の苦痛や不安を取り除くすばらしい仕事だと思っていた」と述べました。

一方、大口病院の前に勤めていた病院では、患者の容体が急変した際に処置がうまくいかなかったことがあり「家族に責められて、ものすごく不安に感じた」と述べました。
終末期の患者を多く受け入れている大口病院に移ってからのことについては「担当する患者が亡くなると、気持ちに折り合いがつけられなかった。患者が亡くなることが多く、精神的にも肉体的にもきつかった。やめたいと思っていた」などと述べました。

被告人質問は、午後も行われます。