米政府代表団 タリバンと意見交換 人道支援を提供で合意

アメリカ政府の代表団とアフガニスタンを統治するイスラム主義勢力タリバンによる会談が中東のカタールで2日間にわたって行われ、タリバンによりますと、アメリカがアフガニスタンに人道支援を提供することで合意したということです。

アメリカ国務省の報道官やタリバンの幹部によりますと、カタールの首都ドーハで9日と10日、国務省の高官とアフガニスタンの暫定政権のムッタキ外相代行などが対面での会談を行ったということです。

タリバンの幹部は、アメリカと本格的な会談を行ったのは、8月30日にアメリカ軍がアフガニスタンからの撤退を完了して以降、初めてだとしています。

タリバン傘下の外務省によりますと、会談では、アメリカ側が人道支援を提供すると伝え、支援を行う団体や関係者の通行でタリバンが協力することで合意したということです。

一方、アメリカ国務省の報道官は、テロや治安状況、出国を希望するアメリカ人や協力者などの安全な移動、それに人道支援などについて意見が交わされたとしています。
国務省は「議論は率直でプロフェッショナルだった」とする一方で、「アメリカ側はタリバンの行動で判断すると強調した」とコメントしておりタリバンが求めている国際社会からの承認や支持が得られるかどうかは、今後のタリバンの行動しだいだと強調しています。