8月の大雨「対策講じた」が6割 被災者へのアンケート 長野

おととしの台風19号の豪雨災害の教訓が生かされているかを調べるため、長野市の住民グループが台風で被災した人たちを対象に、ことし8月の大雨の時の対応についてアンケートしたところ、「何らかの対策を講じた」と答えた人は全体の6割に上りました。

おととしの台風19号の際、千曲川の堤防が決壊した長野市の長沼地区では、2人が亡くなっていて、住民の逃げ遅れをなくすことが課題になっています。

こうした中、台風の教訓が生かされているかを調べるため、長野市の住民の有志で作る新聞「復興タイムズ」が長沼地区の住民に対し、ことし8月の大雨で、川が増水したときの対応のアンケートを行い、109人から回答を得ました。

その結果、この大雨の時には、長沼地区には避難情報は出されていませんでしたが、「何らかの対策を講じた」と回答したのは60.9%に上りました。

対策の内容で最も多かったのが
▽「2階以上に大切な物を上げた」で48.7%、
次いで
▽「避難準備をした」が28.2%、
▽「避難した」が11.1%
などとなりました。

「復興タイムズ」編集長の住田昌生さんは、「避難情報が出ていなくても自主的に動いた人が多く、台風19号からまもなく2年になるが、今も水害への意識や恐怖心を強く持っていることがわかる」と話しています。