緊急避妊薬や低用量ピル 若い世代ほど“知識あり” 費用に課題

10月11日の「国際ガールズ・デー」にあわせNGOが行った調査で、緊急避妊薬や低用量ピルについて「知識がある」と答えた割合は若い世代で高かった一方、使用するうえでは費用が課題になっていることが分かりました。

女性の健康の向上に取り組むNGO「ジョイセフ」は、国連が定めた「国際ガールズ・デー」にあわせ、性や恋愛に関する意識をインターネット上で調査し、15歳から64歳の男女5338人から回答を得ました。

この中で、性行為から72時間以内に服用すれば高い確率で妊娠を防げるとされている「緊急避妊薬」について、「どんな薬か知っている」と回答した割合は、20代以下の男女では68%だったのに対し、30代以上では43%でした。

「入手先も知っている」と答えたのは、20代以下の女性で48%、男性で31%だったの対し、30代以上では女性で25%、男性で13%と性別や年代で差が開きました。

「低用量ピル」についても、避妊以外に生理痛の緩和などに使われることを知っている割合は20代以下の女性で6割近くと最も高くなりましたが、使用したことがない理由で最も多かったのは「費用が高額だから」で4割近くになりました。

ジョイセフの小野美智代さんは「若者はネットなどで情報を得ていると見られ、予想以上に年代で差が開いた。女性の生活や体を守る大事なことなので啓発を続け、必要な人がアクセスしやすい環境を作っていきたい」と話していました。