遊園地の立体迷路 3階部分の床が抜け6人けが 兵庫 加東

10日午後、兵庫県加東市の遊園地で立体迷路の3階の床が抜け、子どもを含む7人が2階部分に転落し、このうち6人がけがをしました。いずれも命に別状はないということです。

10日午後2時すぎ、兵庫県加東市黒谷の「東条湖おもちゃ王国」で、立体迷路施設の3階の床が抜け、24歳から38歳の男女5人と、1歳と7歳の女の子の合わせて7人が2階部分に転落しました。

警察や消防によりますと、大人の男女2人が腰の骨を折る大けがで、ほかの4人が軽いけがをしたということです。

6人はいずれも命に別状はないということです。

立体迷路施設は5階建てで、3階部分の通路の幅1メートル、長さ2メートルほどの木製の床が抜け落ちて、7人は2メートルほど下に転落したということです。

警察が、当時の状況や事故の原因を詳しく調べています。

東条湖おもちゃ王国「再発防止に努める」

東条湖おもちゃ王国は、事故について「警察の捜査に協力し、事故の原因究明と再発防止に努めるとともに、被害者のケアに全力を尽くして参ります」とするコメントを出しました。