落語家の柳家小三治さん死去 81歳 江戸落語の大看板で人間国宝

とぼけた味わいと卓越した人物描写で語られる本格的な古典落語で人気を集めた、江戸落語の大看板で人間国宝の柳家小三治さんが、今月7日、心不全のため、東京都内の自宅で亡くなりました。81歳でした。

柳家小三治さんは1939年に東京に生まれ、高校で落語研究会に入部し、素人が出演するラジオの落語番組で15週連続で勝ち抜くなど、早くから頭角を現しました。

高校卒業後、両親の反対を押し切って入門した五代目柳家小さんに才能を高く評価され、1969年に真打に昇進すると同時に、師匠 小さんの前の名前の、十代目柳家小三治の名を襲名しました。

とぼけた味わいと登場人物を巧みに演じ分ける卓越した人物描写で知られ「宗論」や「厩火事」「長屋の花見」などのこっけい噺(ばなし)を軸に、師匠の柳家小さんや古今亭志ん生など、昭和の名人の芸を受け継いだ本格的な古典落語で人気を集めました。

一方、身近な話題を語る「まくら」でも人気を集めて「まくらの小三治」とも呼ばれ、小三治さんのまくらだけを集めた書籍も発表されました。

テレビでのタレント活動はせず、独演会や寄席を中心に活動を続け、最もチケットのとりにくい落語家のひとりとして、高い人気を誇ってきました。

また、2010年から2014年まで落語協会の会長を務め、落語家が真打に昇進できる基準を従来の年功序列から実力主義に改めるなど、落語界の活性化を図りました。

2005年には紫綬褒章を受章したほか、2014年には落語界では3人目となる、いわゆる人間国宝に認定されました。

小三治さんは長年、重いリューマチを患い、体の痛みと闘いながら高座に上がっていて、ことしの春は腎機能に問題があったとして、予定していた高座などへの出演を見送っていました。

小三治さんの事務所によりますと、今月2日にも高座に上がるなど仕事を続けていたということですが、今月7日、心不全のため、東京都内の自宅で亡くなりました。81歳でした。

落語協会 柳亭市馬会長 “落語史に区切りの線が引かれた”

落語協会の柳亭市馬会長は「つい最近まで、元気に高座に上がっている、と聞いていたので、突然の訃報に接し只々、呆然とするだけです。落語史に、大きな区切りの線が引かれたのは、確かです。何事にも迎合することを嫌い、派手を好まず、極めて芸人らしからぬ、孤高の噺家でした。個人的には、師匠先代小さん亡き後、芸について口やかましい事を言ってくれるのは、小三治師匠だけだったので、いよいよ心細く、寂しくなりますが『もうあんなに沢山、薬を飲まなくてもいいんだな』と思うと、少しだけほっとします。小三治師匠、長い間、お疲れさまでした。本当にくたびれましたねぇ。どうかゆっくり、お休みください。有難うございました」というコメントを出しました。

落語芸術協会 春風亭昇太会長 “大事な宝を失ったような”

落語芸術協会の春風亭昇太会長は「柳家小三治師匠の訃報に接し非常に驚いています。最後の高座が10月2日と伺い、あまりにも急なことでご家族の皆さまのお気持ちを思うと言葉になりません。落語協会会長を長く務められ、また人間国宝として落語界にとって大きな存在であった小三治師匠が亡くなった事は大事な宝を失ったような気がしますが、御一門の皆さんの変わらぬ努力で小三治師匠の落語に対する思いを継承していただけるものと確信しております。若き日に小三治師匠と番組をご一緒させていただき、よく声を掛けていただきました。最近はお仕事をご一緒させていただく機会が無くお会いする事も少なくなっていましたが、あの頃の想い出と小三治師匠の素晴らしい業績を讃えながら、ご冥福をお祈り申し上げます」というコメントを出しました。

鈴々舎馬風さん「落語界の宝をひとつなくしてしまった」

小三治さんの前に落語協会の会長を務め、60年以上にわたる交流のあった鈴々舎馬風さんは「本当にがっかりでことばにならない。落語界の宝をひとつなくしてしまった」と、その死を悼みました。

そして、小三治さんについて「とぼけたようなあの間がなんとも言えず、ふだんの生活で交わす会話さえも落語になっている。演技でもなんでもない、それが小三治だった。本人は『勉強してますよ』って言うかもしれないが、あれは生まれつきで天才だった。正月になると小三治を目当てにした客が寄席を回る、いわば追っかけもいた」と振り返りました。

そのうえで、馬風さんは「今は本当にご苦労さまと言いたい。晩年は病気に悩まされ、馬が食べるほどの量の薬をビニール袋いっぱいに飲んでいて、大変だったと思う。ゆっくり休んでほしい。落語界では若手たちが頑張っているので、天国から見守ってほしい」と長年の友の死を悼みました。

弟弟子の柳家小さんさん「気が抜けてしまったような状態」

弟弟子の柳家小さんさんは「体調がよくないと聞いていたので、やっぱり来たかと思いました。今も、がっかりというのでもなく、気が抜けてしまったような状態です。もう一度、一緒にゴルフもやりたいし、スキーもやりたいし、オートバイにも乗りたかった。てれたような笑顔も見たかった。落語ファンにとっては寂しいことだと思うが、まだ落語を担うよい人材がいるので、これからもしっかりと盛り上げていきたい」と話しました。

小さんさんは、15年ほど前、父でもあった先代のあとを継いで六代目を襲名しました。
先代は落語界では初めての人間国宝で、葛藤もあったということですが、思い切って決断し、子どものころからよく知っていた兄弟子の小三治さんに相談したということです。その際、小三治さんは「お前が自分の意志でこうなりたいと言ったのは初めてだ。大人になったということなのかな」と話し、襲名を後押ししてくれることになりました。
小三治さんは、その後開かれた小さんさんの襲名披露の記者会見でも「ここ3年ほどの間に大木のような存在感が出てきた。そのままの姿勢でがっちりとした四つ相撲をとってもらいたい」とエールを送っていました。