日本の支援でアフガン出国した大使館の現地スタッフ 日本到着

情勢が悪化したアフガニスタンから、日本政府の支援を受けて出国した日本大使館の現地スタッフなど53人が、8日夜、日本に到着しました。

外務省によりますと、8日夜、日本に到着したのは、日本大使館やJICA=国際協力機構で働くアフガニスタン人スタッフとその家族など53人です。

日本政府は、情勢が悪化したアフガニスタンからの国外退避のため、自衛隊機の撤収後も、イスラム主義勢力タリバンと関係を築くカタール政府と連携して調整を進めてきました。

その結果、10月上旬、民間の航空機で53人をアフガニスタンからカタールに出国させたということです。

日本政府が、民間の航空機で現地スタッフらを退避させたのは、今回が初めてです。

日本に到着した53人は、これまでのところ健康上の問題は確認されていないということです。