上皇ご夫妻 眞子さまの健康を心配される 側近が明らかに

今月26日に結婚する、秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまが「複雑性心的外傷後ストレス障害」と診断される状態になられていることについて、上皇ご夫妻は眞子さまの健康を案じ、心配されているということです。

上皇ご夫妻の側近の高橋美佐男上皇侍従次長は、8日、定例の記者対応のなかで、今月26日に小室圭さんと結婚する眞子さまについて、上皇ご夫妻がお体や健康を案じ、心配されていることを明らかにしました。

眞子さまは上皇ご夫妻にとって初孫に当たり、小さいときからかわいらしく思い、慈しみを持たれてきたということで、とりわけ上皇后さまが深く心配されているということです。

また、高橋上皇侍従次長は、眞子さまの結婚に関する上皇ご夫妻の受け止めについて「通常の女性皇族がご結婚により皇室を離れるときの儀式がなく、お立場を離れられることはお寂しいと思われているのではないかと私は拝察しました」と述べました。

今後、眞子さまは、結婚にあたり、天皇皇后両陛下や上皇ご夫妻を訪ねてお別れのあいさつをされることになっています。