岸田首相 就任後初の所信表明 「新しい資本主義」実現を強調

岸田総理大臣は、就任後初めての所信表明演説を行い、信頼と共感を得られる政治が必要だとして、すべての閣僚が国民と車座の対話を重ねるほか、成長の果実を分配することで次の成長につなげる「新しい資本主義」を実現すると強調しました。

岸田総理大臣は、8日午後、衆参両院の本会議で、就任後初めてとなる所信表明演説を行いました。

冒頭、岸田総理大臣は「新型コロナとの闘いは続いている。この国難を国民と共に乗り越え、新しい時代を切り開き、心豊かな日本を次の世代に引き継ぐために、全身全霊をささげる覚悟だ」と述べました。

そのうえで、信頼と共感を得られる政治が必要だとして、すべての閣僚が国民と車座の対話を重ね、国民のニーズに合った行政を進めているか徹底的に点検する考えを示しました。

そして、新型コロナへの対応について、経口治療薬の年内の実用化を目指し、電子的なワクチン接種証明の積極活用などに取り組むとともに、司令塔機能の強化や、医療資源を確保するための法改正などを進める考えを示しました。

また、大きな影響を受ける事業者に対し、地域や業種を限定せず、規模に応じた給付金を支給する方針を明らかにしました。
一方、経済政策について「新自由主義的な政策は、富めるものと、富まざるものとの深刻な分断を生んだといった弊害が指摘されている。成長の果実をしっかりと分配することで、初めて次の成長が実現する」と述べ「成長と分配の好循環」と「コロナ後の新しい社会の開拓」をコンセプトに「新しい資本主義」を実現すると強調しました。

このうち成長戦略では、先端科学技術の研究開発に大胆に投資を行う一方、分配戦略では、賃上げを行う企業に対する税制支援を抜本的に強化するなどとしています。

外交・安全保障では「自由で開かれたインド太平洋」を力強く推進するほか、外交・防衛の基本方針となる「国家安全保障戦略」などの改定に取り組むとしています。

そのうえで、被爆地広島出身の総理大臣として「核兵器のない世界」を目指すとして「世界の偉大なリーダーたちが幾度となく挑戦してきた核廃絶という名のたいまつを私もこの手にしっかりと引き継ぎ、全力を尽くす」と強調しました。

一方、憲法改正については、今後、憲法審査会で、各党が考え方を示したうえで、与野党の枠を超えて建設的な議論を行い、国民的な議論を積極的に深めることに期待感を示しました。

最後に、岸田総理大臣は「早く行きたければ1人で進め。遠くまで行きたければ、みんなで進め」というアフリカのことわざを紹介し「分断を乗り越え、コロナとの闘いの先に、新しい時代を切り開いていかなければならない。国民と共に手を取り合い、あすへの一歩を踏み出す」と結びました。

松野官房長官「大きな方向性 明確に示された」

松野官房長官は午後の記者会見で「岸田内閣として最初の所信表明演説であり、新型コロナ対応に万全を期すとともに『新しい資本主義』を実現するという大きな方向性が明確に示された。これに加え、国民を守り抜く外交・安全保障を掲げ、政権として何に取り組むか、基本的な考えが示された。政府としては、政策の考え方や具体化に向けた取り組みを国会でもしっかりと説明したうえで、活発なご議論をいただきたい」と述べました。

自民 甘利幹事長「思い込められた 岸田首相らしい演説」

自民党の甘利幹事長は、記者団に対し「思いが込められた、岸田総理大臣らしい演説だった。自身の挫折の経験も含め、国民の声を聞いてメモにして、そこから得られたのが、国民に寄り添うことが大事だということなのだろう。日本のポテンシャルを信じて引き出すことが、世界を先導していく力になるという決意を示したものだと捉えた」と述べました。

自民 世耕参院幹事長「衆院選への覚悟 伝わってきた」

自民党の世耕参議院幹事長は、記者会見で「わかりやすさと伝わりやすさに徹した演説だった。キャッチフレーズを柱に据えた安倍元総理大臣や、たんたんとした演説に徹した菅前総理大臣とはかなり異なり、岸田総理大臣らしい特性を出した演説で、衆議院選挙に向かう覚悟も伝わってきた」と述べました。

立民 枝野代表「美辞麗句並べるだけ 中身なかった」

立憲民主党の枝野代表は、記者団に対し「美辞麗句を並べるだけで、具体的にどうするのかという中身がなかった。自民党総裁選挙で主張した『健康危機管理庁』や金融所得課税のことなどにも全く触れておらず、残念だ。圧倒的に私たちの方が具体策を持っていると改めて確信と自信を持った」と述べました。

そのうえで、所信表明演説を受けて来週行われる各党の代表質問について「わが党としての感染症対策の具体的な中身を示す。また『成長と分配の好循環』では経済は何も変わらず『分配なくして成長なし』が現状の日本経済政策の出発点だと示していきたい」と述べました。

公明 山口代表「連立政権の方向性 国民に示すことできた」

公明党の山口代表は、記者団に対し「力強く気迫が込もった立派な演説だった。新型コロナ対応や新しい資本主義、そして外交・安全保障と3つのテーマを分解しながら、連立政権の方向性を明確に国民に示すことができたのではないか」と述べました。

そのうえで「成長と分配の中でも分配に重きを置いているように受け止めた。特に子育て支援や給付金ということばも出てきたので、公明党の訴えてきたこととも重なる部分があり、代表質問では、基本的な姿勢を問いかけたい」と述べました。

共産 志位委員長「中身が全くない演説 新しいもの何一つない」

共産党の志位委員長は、記者団に対し「中身が全くない演説だった。新型コロナ対策で自分たちがやってきたことの問題点への反省がなく、結局、安倍政権、菅政権を引き継いでいく政権だということがはっきり見えてきた。経済運営でも『新しい資本主義』というキーワードが出てきたが、中身は『アベノミクス』の三番煎じで、新しいものは何一つない。代表質問で問題点をただしていきたい」と述べました。

維新 馬場幹事長「改革ということば出てこず 成長への投資を」

日本維新の会の馬場幹事長は、記者会見で「改革ということばが出てこず、相変わらず高度経済成長期のように、富をいったん中央に集めて地方に分配するのが岸田総理大臣の考えではないかと感じた。わが党が大阪で実践してきたように、行財政改革を積み重ねることで生み出された果実で富を分配し、成長への投資を行うことが求められている。こうした考えのもと選挙に臨みたい」と述べました。

国民 玉木代表「中身が薄かった 自民には任せられない」

国民民主党の玉木代表は、記者団に対し「中身が薄かった。岸田氏は自民党総裁選挙で『所得倍増計画』を大きな柱に掲げていたが、そのことばは出てこなかった。新型コロナ対策の規模や給付金の対象も示されず、事業者などは不安が大きくなったのではないか。このままでは日本は長期衰退から抜けられないという思いを新たにしたので、衆議院選挙で自民党には任せられないと強く訴えたい」と述べました。