ノーベル平和賞にフィリピンとロシアの政権批判の報道関係者

ことしのノーベル平和賞に、報道の自由を掲げ政権の強権的な姿勢を批判してきたフィリピンのインターネットメディア、「ラップラー」のマリア・レッサ代表と、ロシアの新聞「ノーバヤ・ガゼータ」のドミトリー・ムラートフ編集長の、2人の報道関係者が選ばれました。

ノルウェーのオスロにある選考委員会は8日、ことしのノーベル平和賞に、フィリピンのインターネットメディア「ラップラー」の代表のマリア・レッサ氏と、ロシアの新聞「ノーバヤ・ガゼータ」の編集長を務めるドミトリー・ムラートフ氏を、選んだと発表しました。
マリア・レッサ氏は、2012年にインターネットメディアの「ラップラー」を共同で設立し、現在も代表を務めています。

レッサ氏はドゥテルテ政権の苛烈な麻薬取締りを批判し、偽の情報がSNSなどによってどのように広まるかといったテーマにも取り組んできました。
ドミトリー・ムラートフ氏は、ロシアの独立系の新聞、「ノーバヤ・ガゼータ」の創設者の1人で、24年にわたって編集長を務めています。

「ノーバヤ・ガゼータ」は、プーチン政権に批判的な報道で知られ、これまでに記者が殺害されたり脅迫を受けたりしてきましたが、ムラートフ氏は政権を批判する報道姿勢を貫いてきました。

選考委員長「表現の自由守るため闘っている」

選考委員会のベーリット・ライスアンネシェン委員長は、授賞理由の中で「自由で独立し、事実に基づいたジャーナリズムは、権力の乱用と戦争への扇動から人々を守ることができる」と指摘したうえで、「2人は、民主主義と恒久的な平和の前提となる、表現の自由を守るために、勇気を出して闘っている。民主主義と報道の自由が、逆境に直面する世界で、理想の実現のために立ち上がるすべてのジャーナリストの代表だ」と評価しています。

このうち、フィリピンのマリア・レッサ氏については「フィリピンで、権力の乱用や暴力の横行、それに強まる専制主義の実態を 自由な表現で暴いた」としたうえで「ドゥテルテ政権の暴力的な麻薬撲滅キャンペーンに社会の注目を集めたほか、ソーシャルメディアがどのようにフェイクニュースを広め、嫌がらせや世論操作に使われているかを伝えた」と述べました。

また、ロシアのドミトリー・ムラートフ氏については「メディアをめぐる状況が厳しくなるなか、何十年にもわたってロシアの言論の自由を守り、汚職や警察当局の暴力、それに選挙不正などに関する批判的な記事を発行してきた」と評価しました。

そして「ムラートフ氏が編集長を務めるノーバヤ・ガゼータ紙は、これまでにアンナ・ポリトコフスカヤ記者を含む6人のジャーナリストが殺害されるなど、脅迫や暴力を受けてきた。こうした脅しにもかかわらず、ムラートフ氏は、編集長として新聞の独立性を放棄せず、ジャーナリストが書きたいことを書く権利を守り続けてきた」と述べました。

そして「今回の授賞によって、人々の基本的な権利を守ることの重要性を強調したい」と述べ、「表現の自由、報道の自由があってこそ、国どうしは友好関係を築き、武力を放棄し、よりよい世界秩序をつくることができる」と結びました。

レッサ氏会見「事実を追い求めて闘い続ける」

ノーベル平和賞の受賞が決まったことを受けてマリア・レッサ氏はオンラインで会見に臨みました。

この中でレッサ氏は「この受賞は私ではなく『ラップラー』が受けたものだと思っています」と笑顔で話しました。

そのうえでレッサ氏は、5年前(2016)に誕生したドゥテルテ政権が報道の自由を抑圧する動きを続けてきたことを踏まえ「2016年以降、私たちは事実を追い求めて闘いを続けています。何が事実なのかが議論の対象になり、事実よりもうその情報の拡散が優先されるような世の中にあって、どうすればジャーナリストは使命を果たせるのか。なぜ地域や世界に事実を伝え続けることがこれほど難しいのかを考えながら闘いを続けています」と困難な取材環境の中でも事実を追求する姿勢が重要だと強調しました。

そして「事実のない世界というのは真実と信用のない世界なのだということにノーベル平和賞の選考委員会も気付いたからこそ今回の受賞につながったのでしょう」と述べました。

レッサ氏 米誌「タイム」のことしの人にも

マリア・レッサ氏は、フィリピン生まれの58歳。

2012年にインターネットメディアの「ラップラー」を共同で設立し、代表を務めています。「ラップラー」は、フィリピンのドゥテルテ政権に対する批判的な報道で知られています。

ノーベル平和賞の選考委員会は、レッサ氏が、政権による強硬な麻薬の取締りを批判し、権力の乱用や暴力の使用、それに強権的な政権の実態を明らかにしてきたと評価しています。

また、レッサ氏は、SNSなどで偽の情報がどのように広まるかといったテーマなどにも取り組んだということです。「ラップラー」のホームページによりますと、レッサ氏はアジアを拠点に、ジャーナリストとして、30年以上のキャリアを積み重ねてきました。

その活動は世界で評価され、2018年にはアメリカの雑誌「タイム」で「ことしの人」に選ばれるなどしてきました。

ムラートフ氏「私にではなく同僚への賞だ」

受賞が決まったムラートフ氏は、ロシアのインターネットメディアの電話取材に対して「まったく予想しておらず非常に驚いている。ノルウェーから不審な電話がかかってきたと思ってしまった。受賞を機に抑圧されつつあるロシアのジャーナリズムのため、国家から迫害されたり追放されたりしている人たちを支援するためこれからも努力したい」と話しています。

またムラートフ氏は、国営のロシア通信に対して「この賞は私にではなく、新聞社、それに、殺害されたポリトコフスカヤ記者など亡くなった同僚のために授けられたものだ」とした上でノーベル賞の賞金の一部を病気の子どもたちを支援しているロシアの基金に寄付する考えを示しました。

大統領府報道官「プーチン大統領が祝福するかはわからない」

プーチン政権に批判的な報道を続けてきた「ノーバヤ・ガゼータ」紙のムラートフ編集長の受賞が決まったことについて、ロシア大統領府のペスコフ報道官は「ムラートフ氏を祝福する。彼は一貫して自分の理想に沿って取材活動を続けてきた。理想に身をささげ、才能があり、勇敢な人だ。これは高く評価されるものだ」とコメントしています。

一方で、「プーチン大統領がムラートフ編集長を個人的に祝福するかどうかはわからない」としています。

「ノーバヤ・ガゼータ」独自調査で政権に批判的な立場

ロシアの新聞「ノーバヤ・ガゼータ」は、ソビエト崩壊後の1993年に創刊され、おもに社会や政治の問題を独自の調査にもとづいて政権に批判的な立場で伝えてきました。

一方で、これまでに記者らが殺害される事件が相次ぎ、2006年には、チェチェン紛争などについて取材し、プーチン政権に批判的な報道を続けてきたポリトコフスカヤ記者が、何者かに銃で撃たれて殺害されましたが、今も真相は解明されていません。

プーチン政権は、政権に批判的なメディアに対して外国のスパイを意味する「外国の代理人」と指定するなど圧力を強めていて、ことし8月、「ノーバヤ・ガゼータ」などの独立系のメディアは、プーチン政権に対して、公開書簡を送り、メディアの自由を保障するよう求めています。

国連「各国政府には報道の自由を守る責務ある」

ことしのノーベル平和賞に2人の報道関係者が選ばれたことを受けて、OHCHR=国連人権高等弁務官事務所のシャムダサーニ報道官は8日、スイスのジュネーブでNHKなどの取材に応じ、「非常に難しい環境のもとで仕事を続け、各地の被害者の声や多くの人が伝えたくないようなニュースも 伝えているすべてのジャーナリストを祝福したい」と歓迎しました。

フィリピンのインターネットメディア「ラップラー」のマリア・レッサ代表について、シャムダサーニ報道官は「その仕事に対して、長年にわたり、あらゆる妨害を受け、さまざまな罪にも問われ、苦しめられてきた」と述べ、極めて厳しい環境のもとで仕事を続けてきたという認識を示しました。

また、新型コロナウイルスの感染が拡大する中での取材活動について「多くの国が非常措置をとり人々の行動を制限する中、ジャーナリストたちも大きな制約を受けてきた。規制はジャーナリストがほかの問題を取材することも妨げてきた」と述べ、各国の対応に懸念を示しました。

そのうえでシャムダサーニ報道官は、「表現の自由は基本的人権の1つであり、各国はジャーナリストが恐れることなく仕事をまっとうできるよう、環境を整える義務がある」と述べ、各国の政府には報道の自由を守る責務があると強調しました。

発表時のレッサ氏の様子は…

マリア・レッサ氏は、選考委員会がノーベル平和賞を発表した際、報道の自由や独立したジャーナリズムについて議論するオンライン討論会に参加している最中でした。

レッサ氏は、いったん討論会を退席して携帯電話で話した後、信じられないというような表情を浮かべ、ほかの参加者たちから祝福を受けていました。

このあと、レッサ氏は「何てことでしょう。こんにち、ジャーナリストであることがどれほど大変なことか、私たちが正しいことを続けることがどれほど大変なことかを認めてくれたのだと思います。ノーベル賞の選考委員会に感謝します」と話していました。

ムラートフ氏とは

ドミトリー・ムラートフ氏は、1961年生まれの59歳。

1993年、ロシアの独立系の新聞「ノーバヤ・ガゼータ」を創設したメンバーの1人で、1995年からは編集長を務めました。

「ノーバヤ・ガゼータ」はプーチン政権に批判的な報道姿勢で知られ、2006年にはチェチェン紛争などでプーチン政権を厳しく批判してきたアンナ・ポリトコフスカヤ記者が何者かに銃で撃たれて殺害されるなど、複数の記者が殺害される事件が相次いだことで知られています。
そうした脅しにもかかわらずムラートフ編集長は「ノーバヤ・ガゼータ」の編集長として、プーチン政権の高官の汚職や、国内の環境破壊の問題を報じるなど、批判的な姿勢を崩さず、プーチン大統領の退陣を求めるロシアの反体制派などに支持されてきました。

ムラートフ編集長はロシアで報道の自由を守る中心的な人物として国際的にも高く評価され、2007年には国際的なNPO「CPJ=ジャーナリスト保護委員会」から「国際報道自由賞」を受賞しています。

ドゥテルテ政権 報道の自由を抑圧

ドゥテルテ政権のフィリピンでは、報道の自由を抑圧する動きが続き、レッサ氏も、去年(2020年)6月、名誉毀損の罪で最長、禁錮6年の有罪判決を受けました。

現在は、保釈されて裁判が続いています。

フィリピンでは、独裁体制を敷いた故マルコス元大統領の時代の反省から民主主義を守る要としてアジアの中でも比較的、報道の自由が守られてきました。

しかし、5年前(2016年)にドゥテルテ大統領が就任し、容疑者の殺害もいとわない強硬な違法薬物の取締まりに対して、人権侵害だといった報道が強まると、大統領はメディアとの対立姿勢をとりました。

フィリピン最大のテレビ局だったABS-CBNは突然、業務停止命令を受けたあと、去年(2020年)7月、議会下院で放送免許の更新が否決され、一部のケーブルテレビやインターネットへの配信を除き、放送を再開できていません。

議会下院は、大統領支持派が大半を占めていてフィリピン国内では、報道の自由を抑圧するための大統領の意向をくんだ決定だと批判が高まりました。

フランスのパリに本部を置く世界のジャーナリストの権利を守る活動をしている「国境なき記者団」は、ドゥテルテ政権が始まった2016年以降、フィリピンでおよそ20人の報道関係者が殺害され、200人以上が暴力を受けたとしていて、報道の自由度ランキングは180か国中138位となっています。

国境なき記者団 「喜びと危機感を同時に覚える」

「国境なき記者団」のクリストフ・ドロワール事務局長は、ノーベル平和賞に2人のジャーナリストが選ばれたことについて、「喜びと危機感を同時に覚える。2人の受賞は報道の自由を守ろうとするすべてのジャーナリストを支持する強力なメッセージだ。一方でジャーナリズムが弱体化し、虚偽の情報やヘイトスピーチなどによって民主主義が脅かされているのも事実だ。報道の自由を守るために誰もが力を合わせるときだ」と話しました。

世界のジャーナリストの権利を守る活動を続けている「国境なき記者団」も、ことしのノーベル平和賞の有力な候補とみられていました。