【震度5強】JR東日本 36万8100人に影響

7日の地震で、首都圏ではJRや私鉄に影響が出ています。
JR東日本によりますと、今回の地震の影響で、7日夜から8日にかけて、東北・北陸・上越新幹線や、山手線や京浜東北線など首都圏の16の在来線に運休や遅れが発生し、合わせて36万8100人に影響が出たということです。

JR東日本 全路線で運転再開

JR東日本によりますと、地震によって7日夜から8日にかけて首都圏の多くの路線で運転を見合わせましたが、すべての路線で運転を再開しています。

今も一部の路線で5分から25分程度の遅れが出ていますが、おおむね平常運転に戻ってきているということです。

日暮里・舎人ライナー 運転再開には数日

首都圏の私鉄各線は、おおむね平常どおりの運行に戻っているということです。

一方で、地震の影響で脱輪した新交通システムの日暮里・舎人ライナーは現在も運転を見合わせていて、東京都交通局によりますと、運転再開までには数日かかると想定されるということです。