仮免許の高校生が運転の車 ガードレールに衝突 5人死傷

7日未明、岡山県倉敷市の国道で仮免許の男子高校生が運転する10代の男女5人が乗った乗用車が道路脇のガードレールに衝突し、1人が死亡、1人が重体になっているほか、3人が大けがをしました。

7日午前1時すぎ、岡山県倉敷市二日市の国道2号線で、乗用車が道路脇のガードレールに激しく衝突し、乗っていた男女5人が病院に運ばれました。

警察によりますと車に乗っていたのは高校3年生の男子生徒4人と19歳の女性の5人で、このうち後部座席に乗っていた総社市の田中陸斗さん(17)が頭や胸を強く打って死亡し、女性が意識不明の重体になっています。

またほかの3人もろっ骨などを折る大けがをして、手当てを受けているということです。

警察によりますと、運転していたのは浅口市に住む男子生徒で、仮免許を取得し家族の車を運転していたということです。

現場は片側3車線の見通しのよい直線道路で、警察は事故の原因などについて詳しく調べています。