日経平均株価 8営業日連続下落 円や国債も “トリプル安”に

6日の東京株式市場、日経平均株価は原油価格の上昇に伴う企業業績への懸念などから290円余り値下がりし、およそ12年ぶりに8営業日連続の下落となりました。

円安に日本国債の値下がりも進み、いわゆるトリプル安の展開でした。

6日の東京株式市場、日経平均株価は朝方は一時、300円以上値上がりしましたが、午後に入ると500円以上値下がりする場面もあって、荒い値動きとなりました。

日経平均株価、6日の終値は5日より293円25銭安い、2万7528円87銭でした。

8営業日連続の値下がりとなり、これは2009年7月以来、およそ12年ぶりとなります。

また、東京外国為替市場では、円相場が値下がりしたほか、債券市場では日本の国債が売られて、長期金利の代表的な指標である10年ものの国債の利回りは、一時、0.08%をつけて4か月ぶりの水準まで上昇しました。

株、円、国債がそろって値下がりする、いわゆるトリプル安の展開でした。

その要因としては、原油価格の上昇に伴う今後の企業業績や、欧米を中心としたインフレへの警戒感が広がったことがあります。

アメリカの長期金利が上昇し、つられる形で日本国債の長期金利も上昇が進みました。

市場関係者は「アメリカ政府が債務不履行に陥るのではないかという懸念も続いている」と話しています。