子ども向けインスタ “悪影響も利益優先” 元社員が議会で証言

アメリカのIT大手フェイスブックが、子どもの心の健康に悪影響を与えると知りながら、13歳未満向けのアプリの開発を進めていたとされる問題で、実態を告発した元社員の女性が議会で証言し、会社は利用者よりも利益を優先しているなどと批判しました。

フェイスブックは、13歳未満の子ども専用の写真や動画投稿アプリ、インスタグラム・キッズの開発を進めていました。

これにについて、アメリカの有力紙、ウォール・ストリート・ジャーナルは先月、会社がみずから実施した調査で、インスタグラムが子どもの心の健康に悪影響を与えるという結果がまとまっていたと報じました。

これを受けて、問題を把握していながら開発を続けていたという批判が高まり、フェイスブックは開発を中断しています。

アメリカ議会上院の委員会は5日、実態を告発した元社員の女性を呼んで公聴会を開きました。

この中で女性は「フェイスブックは、子どもに害を及ぼし、民主主義を弱体化させる」などと証言し、会社の経営層は利用者よりも利益を優先していると批判しました。

アメリカでは、子どもたちがアプリに掲載される、ほかの人の写真を見て、自身の体型に劣等感を抱き、自殺願望にまでつながるケースもあるなどとして、子どものSNS利用をめぐり社会的な議論が起きています。

ザッカーバーグCEO「利益優先 事実ではない」

アメリカのIT大手、フェイスブックのザッカーバーグCEOは、子ども向けのインスタグラムの開発をめぐる一連の問題について、社員に宛てて書いた文書を自身のフェイスブックに投稿する形で初めて言及しました。

この中でザッカーバーグCEOは「批判の中心にあるのは、われわれが利用者の安全より利益を優先しているという点だが、それは事実ではない」として、内部告発者の元社員の女性の主張を真っ向から否定しました。

そのうえで「自分の子どもに使ってもらいたいと思えるサービスを作ることに多くの時間を費やしてきた。私にとって、子どもの安全はとても重要だ」と述べました。