岸田首相「拉致問題は最重要課題のひとつ」家族会代表に電話

北朝鮮による拉致問題をめぐり、岸田総理大臣は、5日に拉致被害者の家族会の代表らに電話し、岸田内閣でも最重要課題のひとつだと伝えたことを明らかにし、一日も早いすべての拉致被害者の帰国に向けて全力で取り組む考えを示しました。

岸田総理大臣は、総理大臣官邸で記者団に対し、5日に拉致被害者の家族会代表の飯塚繁雄さんなどに電話したことを明らかにしました。

そして「新しい内閣でも拉致問題は最重要課題のひとつであるということをしっかり申し上げ、きのうの日米電話首脳会談でも、拉致問題で日米が連携していくことを確認したことも報告した」と述べました。

そのうえで岸田総理大臣は「家族会の皆様方からも積年の思いを聞かせていただいた。これをしっかり胸に、一日も早いすべての拉致被害者の帰国に向けて全力で取り組んでいきたい」と述べました。

一方、内閣支持率について、記者団が「各社の調査で違いはあるものの、低い数字が出ているが」と質問したのに対し、岸田総理大臣は「各社によって、だいぶ幅があると受け止めている。それぞれ質問の在り方なども違うと想像しているが、低い数字も含めて、しっかり受け止め、自分自身を振り返りながら、衆議院選挙に向けて取り組んでいきたい」と述べました。