ノーベル化学賞 ドイツとアメリカの研究者2人 有機触媒の研究

ことしのノーベル化学賞の受賞者に、有機触媒の研究で大きな貢献をしたドイツの研究機関とアメリカの大学の研究者2人が選ばれました。

スウェーデンのストックホルムにあるノーベル賞の選考委員会は日本時間の6日午後7時前、ことしのノーベル化学賞の受賞者を発表しました。

受賞が決まったのは、ドイツのマックス・プランク研究所のベンジャミン・リスト氏とアメリカのプリンストン大学のデビッド・マクミラン氏です。

2人は有機触媒の分野の研究で大きな貢献をしたことが評価され、選考委員会は、彼らが開発した有機触媒を利用することで新たな医薬品などを効率的に作り出せるようになったとしています。

有機触媒の研究に詳しく、2人とも交流のある学習院大学の秋山隆彦教授は「リスト氏とマクミラン氏は、2000年に化学反応を促す新たな有機触媒をそれぞれ同時に発表した。これまでの触媒はパラジウムなどの金属を使うことが一般的だったが、この触媒は金属を使わないことから、医薬品などを作る際にも、より安全に作ることができるし、安価に作れることも特徴だ」と話しています。

リスト氏は北海道大学の研究拠点にも所属

ノーベル化学賞の受賞が決まったドイツのベンジャミン・リスト氏は北海道大学のICReDD=化学反応創成研究拠点にも主任研究者として所属し、研究活動を行っています。

ICReDDの拠点長を務める前田理教授は「すばらしい業績を上げていて、いつかノーベル賞を受賞するのではないかと期待していました。その期待がことしかなったということでうれしく思っています。リスト先生は、金属を使わずに有機合成をするという分野の研究者で、金属を使わないことで、薬を作るときに不純物が入らないといったメリットがある。受賞が決まった2人は、この分野を切り開いた存在だと思う」と述べました。

そして「私たちの研究拠点は、計算と情報と実験をうまく組み合わせて、新たな化学反応を見つける研究を行っていて、リスト先生には大きな協力をいただいている。ノーベル賞を受賞されるということで、忙しくなると思うが、引き続き一緒に研究を進めてほしい」と述べました。

2人と親交がある中部大 山本教授「新たなことに挑戦する開拓者」

ノーベル化学賞の受賞が決まったベンジャミン・リスト氏とデビッド・マクミラン氏の2人と以前から親交があり、自身も近い研究分野で世界的な業績を上げている中部大学の山本尚教授は「薬品などを作る際、反応を促す触媒として以前は金属が入った物質を使っていたが、金属が入っていない『有機触媒』を開発したことが彼らの大きな業績だ。『有機触媒』は金属を含まないので、環境に優しく、コストも安く薬品を作れるというメリットがある。環境に配慮した今の時代にもマッチした研究だ」と話していました。

そして2人の受賞について山本教授は「2人とは20年以上前から親交があるが、研究者としては新たなことに挑戦する開拓者だ。特にベンジャミン・リスト氏は日本びいきで、2人が受賞したことはとてもうれしく、これから『おめでとう』とメールを送るつもりだ」と話していました。

2人と同じ分野の研究 東北大 林教授「この分野の評価 うれしい」

2人と同じ分野の研究をしていて、20年以上の親交がある東北大学大学院理学研究科の林雄二郎教授は、2人の研究成果について、「それまでは、化合物をつくるのに金属を用いるのがほとんどだったが、金属を使わずに化合物を作ることに成功した。金属を使わないため環境に優しい上、これまで合成が難しかったタミフルなどの医薬品や、香料、農薬などさまざまな化合物が簡単に作れるようになった」と話していました。

そして、今回の受賞については、「この2人が切り開いた有機触媒の分野では、その後複数の日本人研究者が独自の触媒を開発し、大きな貢献をしていて、日本も世界的にこの分野の研究をリードしている。受賞者に日本人の名前がなかったことは少し残念だが、この分野が評価されたことはうれしい」と話していました。

また、2人の人柄については、「リスト氏は、非常に温厚で、語り合うと楽しい人だ。マクミラン氏は、研究に真摯に向き合う人で緻密に研究を積み上げ、新たな分野の研究に歩み出している熱心な人だ」と話していました。

2人と親交がある学習院大 秋山教授「パイオニア的な2人」

2人と親交があり、自身の研究分野も近い学習院大学の秋山隆彦教授は、「2人ともよく知っている人で、非常にうれしいです。それまでは金属を用いて化合物を合成するのが主流だったが、高価だったり、毒性があったりするなど問題点があった。2人の研究は、比較的小さな有機分子を用いて医薬品の開発などにつながるいろんな化合物を合成できるようにしたのが特徴で、その後、非常に活発な研究が行われるようになった。ある意味パイオニア的な2人だと思っている」と受賞を祝福しました。

2人の人柄について、秋山教授は「リストさんは、寿司が好きでよく日本に来ているし、マクミランさんはワインが好きなど、2人とも研究に対しては真摯でアクティブだが、食べるのが大好きで人生を楽しんでいるように感じる」と話していました。

リスト氏と親交が深い東北大 寺田教授「思いを共有したい」

東北大学大学院の理学研究科長を務める寺田眞浩教授は、ノーベル化学賞に選ばれたドイツのマックス・プランク研究所のベンジャミン・リスト氏と親交が深く、日本で開いた国際学会に招いたこともあるということです。

寺田教授は受賞理由となった研究について「金属を使わない触媒を開発したことで、新たな医薬品などを合成することが期待できる」と評価しました。

また、リスト氏の人柄については、「親分肌でみんなを取りまとめるリーダーシップがあり、私もかわいがってもらった」と話していました。

同じ分野で研究を進める寺田教授は、リスト氏の論文発表から4年後の2004年に、「秋山・寺田触媒」という金属を使わない新たな有機触媒を開発し、論文で発表したということです。

同じ分野で競ってきたリスト氏の受賞について、「正直なところ、うれしい反面、複雑な思いもある。ただ、この分野の研究が実用化につながった例はまだ少なく、今度、リスト氏に会ったときは今回の受賞をきっかけに実用化に向けてこの分野を盛り上げていこうという思いを共有したい」と話していました。