ノーベル賞 真鍋さんが会見「受賞 驚くとともに光栄と感じる」

ノーベル物理学賞の受賞に選ばれた真鍋淑郎さん(90)は在籍するアメリカのプリンストン大学で記者会見し「受賞に驚くとともに光栄なことと感じています」と喜びを語りました。

ことしのノーベル物理学賞の受賞者に選ばれたプリンストン大学上級研究員の真鍋淑郎さんは5日、アメリカ・ニュージャージー州の大学内で記者会見しました。

この中で真鍋さんは「受賞は驚きでしたが、とても光栄に感じています。歴代の受賞者をみるととても優れた科学者ばかりが選ばれているので、最初は私の研究はこれらの研究と比べられるものだろうかと思いました。しかしよく考えると、気候変動という人類の大きな危機をより深く理解する上で貢献できたのではと考え直し、受賞してもいいかなと思うようになりました」と喜びを語りました。
そして、気候変動と政治の関係を問われた真鍋さんは「気候変動そのものの研究より難しい質問ですね」と冗談を交えつつも「気候変動は農業やエネルギー問題など多くの分野に密接に関わり、簡単には整理できません。われわれは現実に起きている影響を最小限にとどめつつ、環境に適応することを考えなくてはいけないと思います」と危機感を示しました。

また、日本の研究の現状については「日本では好奇心に基づく研究がしにくくなっているようです。政治家と科学者のコミュニケーションがうまくいっていないのも問題だと思います」と述べ、研究や教育の環境改善に向け科学者と政治家がともに考えるよう促しました。

会見には真鍋さんの同僚の研究者らも同席し「気候変動研究の先駆者です」などと、その業績をたたえていました。

WMO事務局長「気候科学が高く評価されていることを示した」

真鍋さんの受賞を受けてWMO=世界気象機関のターラス事務局長は5日、本部のあるスイスのジュネーブで記者会見し「今回の受賞は気候科学が高く評価されていること、高い評価を受けるべきであることを改めて示している」と述べ、歓迎しました。

そして温室効果ガスの世界最大の排出国である中国をはじめ、各国に対し、排出削減に向けた具体的な取り組みを進めるよう呼びかけました。

国連事務総長「人類が直面する課題に取り組む基礎築いた」

真鍋淑郎さんら3人がノーベル物理学賞を受賞することが決まったことについて、気候変動対策に取り組む国連のグテーレス事務総長は5日、ツイッターにコメントを投稿し「彼らの研究は、気候変動を含む人類が直面する最も差し迫った課題にわれわれが取り組むうえでの基礎を築いた」と祝福しました。

岸田首相「人類に大きな貢献」

岸田総理大臣は6日午前、総理大臣官邸で記者団に対し「心からお喜びを申し上げたいと思う。真鍋氏は地球温暖化研究のパイオニアとして高く評価された。人類に大きな貢献をされたということで、日本人として大変、誇らしく思っている。直接、祝意を申し上げたいと思っており、今、調整中だ」と述べました。

松野官房長官「研究環境の整備重要 日本の研究力強化を」

松野官房長官は、午前の記者会見で「大変喜ばしく思っている。わが国の大学から世界に羽ばたいて成功された研究者として非常に誇りに思うと同時に、国民にとって励みとなるものだ」と述べました。

また、真鍋氏がアメリカ国籍を取得していることに関連し、記者団が「頭脳の海外流出ではないか」と質問したのに対し「わが国の研究力は世界と比べて相対的に低下しているという指摘もあり、歯止めをかけることは極めて重要なテーマだと考えている。海外の研究者が日本で研究したいと思えるような魅力的な研究環境の整備が重要だ」と述べました。

そのうえで「大学に対する運営交付金などの基盤的経費や科学研究費によって、卓越した研究が数多く出てくるよう、しっかりと支えつつ、博士課程の学生などへの支援の強化などにも取り組んでいくことで、日本の研究力強化を図っていきたい」と述べました。