市川猿之助さん 警視庁広報大使に 特殊詐欺被害防止を呼びかけ

歌舞伎俳優の市川猿之助さんが警視庁の広報大使を務めることになり、5日、都内で振り込め詐欺などの被害防止を呼びかけました。

市川猿之助さんは東京 練馬区のホールで行われた式典に出席し、警視庁の大賀眞一副総監から広報大使の委嘱状を受け取りました。

続いて、会場では猿之助さんが出演した、振り込め詐欺などの被害防止を呼びかける動画がお披露目され、「詐欺師から親を守るのはあなたです」などと高齢者の家族に協力を求める姿が大型のスクリーンに映し出されました。

猿之助さんはこのあと、被害者が録音した警察官を装う詐欺の電話の音声を実際に聞いて、やり取りを疑似体験していました。

警視庁によりますと、都内ではことしに入ってから振り込め詐欺をはじめとする特殊詐欺の被害が増え、ことし8月までの被害額は去年の同じ時期より3億円余り多い45億2000万円に上っているということです。

猿之助さんは「被害を防ぐには個人の力では限界があり、家族のサポートが大事だ。子どもが高齢の親を守るという基本的なところから取り組んでほしい」と話していました。

猿之助さんが出演した動画は、動画投稿サイト「ユーチューブ」の警視庁の公式チャンネルで今月18日から配信される予定だということです。