飲酒運転で5人死傷 被告に求刑上回る懲役11年の判決 千葉地裁

去年、千葉県成田市で酒を飲んで車を運転し5人を死傷させたとして危険運転致死傷の罪に問われた被告に、千葉地方裁判所は「日本酒のカップ酒を6本飲んで運転したのは非常に危険な行為だ」と指摘し懲役11年を言い渡しました。

去年10月、成田市の県道の交差点で乗用車がワゴン車に衝突しワゴン車に乗っていた橋本真衣子さん(44)が死亡したほか、子どもを含む4人が軽いけがをした事故。

市内の無職石井一雄被告(65)が酒を飲んで乗用車を運転したとして危険運転致死傷の罪に問われました。
5日の判決で、千葉地方裁判所の金子大作裁判長は「被告は対向車線に車体の半分以上をはみ出させた状態で時速およそ102キロで交差点に進入した。日本酒のカップ酒を6本も飲んだうえ、飲食に行くためだけの理由で車を運転したのはあまりにも安易で非常に危険な行為だ」と指摘しました。

そのうえで「1人の生命が失われたという結果は重大だ。被害車両に乗っていた運転手や子どもたちの身体的苦痛は軽視できず、重大事故に遭遇した精神的苦痛は大きい」として、検察の求刑を1年上回る懲役11年を言い渡しました。