北斗の拳「ジャギ」 マンホールカード 無料配布開始 長野 佐久

漫画「北斗の拳」の原作者、武論尊さんの出身地、長野県佐久市では、北斗の拳のキャラクターを描いたマンホールのふたが人気を集めていますが、このほど武論尊さんが最も気に入っているキャラクター「ジャギ」のふたをデザインしたカードの無料配布が始まりました。

長野県佐久市は、漫画「北斗の拳」の原作者、武論尊さんの出身地なのが縁で、おととし、漫画のキャラクターをデザインしたマンホールのふたをJR佐久平駅周辺の7か所に設置しました。
佐久市はおととし、このうち主人公「ケンシロウ」のふたをデザインしたカードを配布しましたが、このほど、武論尊さんが最も気に入っているキャラクターで「俺の名を言ってみろ」のせりふでおなじみの「ジャギ」をデザインしたカードが1万枚が作られ、5日から無料配布が始まりました。

配布場所の佐久市下水道管理センターには多くのファンが訪れ、次々とカードを受け取っていました。

カードを受け取った市内の30代の男性は「ジャギが好きなのでうれしいです。ケンシロウのカードも持っているので並べて飾りたいです」と話していました。

このセンターは、おととしの台風19号で大きな被害を受け、ことし3月に復旧したということで、佐久市下水道課の武者泰雄課長は「これを機会にセンターが復旧したことも知ってもらいたいです」と話していました。