和歌山“水管橋”崩落 6万戸断水続く 6日から応急的復旧工事へ

和歌山市で3日、水道用の橋が崩落した影響で市内の4割近くにあたる、およそ6万戸で今も断水が続いています。和歌山市は、6日から近くの橋に水道管をう回させる応急的な復旧工事を始める予定で、10月9日に全域で断水の解消を目指しています。

3日、和歌山市の「紀の川」にかかる「水管橋」と呼ばれる送水用の橋の一部が崩落しました。

この橋は、紀の川の南側にある浄水場から北側に水道水を送る唯一の供給路で、和歌山市の北部では、市内の4割近くにあたるおよそ6万戸で今も断水が続いています。

断水した地域には、近隣の自治体や自衛隊などから給水車、合わせて83台が派遣され、5日も、人工透析の患者を受け入れている病院や、小学校で給水が行われています。

和歌山市は、近くの県道の橋に仮の水道管を設置して、う回させる方法で応急的に復旧させる計画で、6日に資材が調達でき次第、工事を始めることにしています。

そのうえで10月8日の深夜から順次、断水している住宅などへの送水を再開し、10月9日早朝には全域で断水の解消を目指しています。

寺で井戸水を提供など支援の動き広がる

大規模な断水が続く和歌山市では、井戸水を提供するなど支援の動きも広がっています。

このうち断水した地域と川を挟んで反対側の場所にある和歌山市本町の善称寺では、宇治田真宣住職がツイッターなどで井戸水を無償で提供することを呼びかけたところ、これまでにおよそ30人が水をくみに来たということです。

井戸水は飲料用には使えないということですが、5日も水を入れる容器を持った人たちが次々と訪れ井戸水をくんでいました。

訪れた40代の女性は「給水所が混んでいてここなら車で水を大量に持ち運べるので、本当にありがたいです」と話していました。

宇治田住職は、「断水のニュースを聞いて何かできることはないかと井戸水を提供しようと思いました。困っている人がいる間は水の提供を続けようと思います」と話していました。