東京原油市場 中東産原油先物 夜間取り引きで約3年ぶり高値

東京原油市場は、中東産原油の先物価格が、5日朝までの夜間取り引きで、一時、1キロリットル当たり5万2780円まで値上がりしました。

これは主な産油国が来月の生産量を据え置くことを決めたことを受けたもので、2018年10月以来、およそ3年ぶりの高値水準となりました。

国内のガソリン価格などが今後さらに値上がりすることも予想されます。