モバイルSuica・PASMOでシステム障害 完全復旧の見通し立たず

スマートフォンを使って駅の改札で運賃を支払えるJR東日本のサービス「モバイルSuica」や私鉄各社が発行する「モバイルPASMO」がシステム障害により一部の端末で5日朝からチャージなどができなくなっています。復旧が進められていますが不安定な状態が続いていて、完全復旧の見通しはたっていないということです。

JR東日本や私鉄各社によりますと、システム障害によりアップルのスマートフォン「iPhone」などで「モバイルSuica」や「モバイルPASMO」の一部機能が5日朝から使えなくなっているということです。

クレジットカードを使っての端末に電子マネーのチャージや定期券やグリーン券の購入がしづらい状態が続いていて、復旧が進み、使用できることもあるものの不安定な状態が続いているということです。

いずれも駅の券売機で現金によりチャージすることや定期券などとして使用することはできるということです。

JR東日本によりますと「iPhone用のOS『iOS』のネットワーク障害が原因とみられる」とアップルから連絡があり引き続き復旧作業を進めていますが、完全復旧の見込みはたっていないということです。