【記者解説】衆院選日程 決定の背景は

衆議院の解散・総選挙について、自民党の岸田総裁は、4日に国会で総理大臣に選出されれば、今の臨時国会の会期末の今月14日に衆議院を解散し、19日公示、31日投票の日程で選挙を行う意向を固め、複数の与党幹部に伝えました。

この日程を決めた背景について、政治部・中田デスクの解説です。

【動画:4分55秒】
(データ放送ではご覧になることができません)