菅内閣が総辞職 1年余で幕を閉じる

菅総理大臣は、4日午前9時すぎから開いた臨時閣議で閣僚の辞表を取りまとめ、菅内閣は総辞職しました。4日午後、衆参両院の本会議で総理大臣指名選挙が行われ、自民党の岸田総裁が第100代の総理大臣に選出され、4日中に岸田内閣を発足させることにしています。

総理大臣官邸では、4日午前9時すぎから開かれた臨時閣議で閣僚の辞表が取りまとめられ、菅内閣は総辞職しました。

歴代最長となった第2次安倍政権を継承し、去年9月に発足した菅政権は、1年余りで幕を閉じました。

国会では午後、衆参両院の本会議で総理大臣指名選挙が行われ、自民党の岸田総裁が第100代の総理大臣に選出される運びです。

岸田総裁は総理大臣官邸で公明党の山口代表と党首会談を行ったうえで、組閣本部を設置して閣僚人事を行い、新たな官房長官が閣僚名簿を発表します。

そして、皇居での親任式と閣僚の認証式を経て、夜には岸田内閣が正式に発足します。

岸田総裁は総理大臣就任にあたっての記者会見を行い、閣僚人事のねらいや今後の政権運営などについて、みずからの考えを明らかにしたあと、初閣議に臨むことにしています。

談話で国民に感謝

菅総理大臣は、午前10時すぎに内閣総辞職にあたっての総理大臣談話を出しました。

この中で「去年9月の内閣発足以来『国民のために働く内閣』として、さまざまな改革を進め、多くの課題に対処してきた。最優先の新型コロナとの戦いについては、国民の命と暮らしを守り抜くとの決意のもと、多くの皆様のご協力をいただきながら『医療体制の構築』『感染防止対策』『ワクチン接種』を懸命に進めてきた」としています。

そのうえで、ワクチン接種について「これまでの発想にとらわれることなく、全力で取り組んできた。このまま進めば、わが国は世界でも最も進んだ国の1つになる」と強調しています。

また、2050年のカーボンニュートラルや、デジタル庁の設置、携帯電話料金の引き下げ、不妊治療の保険適用などに取り組んだと説明しました。

そして、東京オリンピック・パラリンピックについて「開催国としての責任を果たし、やり遂げることができた。障害のある人も、ない人も助け合って、ともに生きる共生社会の実現に向け『心のバリアフリーの精神』を発信することができた」としています。

最後に「国民の皆様のご支援、ご協力に心よりお礼を申し上げる。次なる内閣、新総理大臣に対しても、皆様の支援をお願いする」と結んでいます。

各閣僚の声

総辞職した菅内閣の閣僚の声をまとめました。

麻生副総理・財務相「物価上昇率 目標引き下げ提案したことも」

麻生副総理兼財務大臣は、閣議のあとの記者会見でこれまでの任期を振り返り、日銀が目標としている2%の物価上昇率を達成できなかったことを課題として挙げました。
これについて麻生大臣は「黒田総裁にはこれだけ石油の価格が下がっていたら2%はなかなかできない。どこかで引き下げないと、と言った」と述べ、目標の引き下げを提案したことがあると、明らかにしました。
これに対して黒田総裁は「目標としてできるだけ、やれるだけやってみます」と応じたということです。
また、麻生大臣は物価目標について「日銀の責任、金融だけでできるかといえば無理だ。財政が一緒にやっていかなければならない」と述べ、金融と財政が一体になって取り組む必要があるという認識を示しました。

萩生田文部科学相「少人数学級 さらなる検討が必要」

萩生田文部科学大臣は、記者会見で「文部科学大臣に就任して以来、さまざまな課題に全力で取り組んできた。ことしの通常国会ではおよそ40年ぶりとなる公立小学校の学級編制の標準の引き下げを実現した。今後は、中学校の少人数学級や小中学校のさらなる少人数学級についても検討が必要だ」と振り返りました。

また、ポストを変えて、経済産業大臣への起用が内定していることについて「文部科学行政では原子力人材の育成などに取り組んだ。経済産業政策に通じることがあるのではないかと思うので、しっかり勉強してお役に立てるよう頑張りたい」と述べました。

野上農林水産相「地域に寄り添い 現場の声重視を期待」

野上農林水産大臣は記者会見で「この1年は新型コロナウイルスとの闘いの1年だった。そして、鳥インフルエンザや豚熱などの家畜伝染病、さらには、大雪や大雨など緊急性の高い課題に緊張感をもって取り組んできた」と振り返りました。
そのうえで、次の大臣に期待することについて「農林水産業のゼロエミッション化や、有機農業の拡大など意欲的な目標を掲げたが、その実現に向けては生産者や消費者の幅広い理解が必要だ。また、農林水産物や食品の輸出は順調に伸びているが引き続き取り組みを続けることが重要だ。次の大臣には地域に寄り添い、現場の声を重視しながら取り組むことを期待したい」と述べました。

梶山経済産業相「脱炭素 失業がないシステム作りを」

梶山経済産業大臣は記者会見で、任期中を振り返り「最重要課題は福島の復興と福島第一原発の処理水対策で、ことし4月に海洋放出の基本方針を決定した。大変重い決断で、経済産業省としても、当事者の1人として覚悟を持って臨んでいかなければならない」と述べました。

また、エネルギー政策について新しい大臣に期待することを問われたのに対し、梶山大臣は、「2050年のカーボンニュートラルに向けて産業の競争力の低下を招かないようにどう安定供給をしていくか、しっかりと対応してほしい。中小企業の雇用も含め、失業がないシステム作りを主体的に進めてほしい」と述べました。

赤羽国土交通相「厳しい状況の観光・交通事業者 引き続き対応」

赤羽国土交通大臣は記者会見で、相次ぐ災害への対応が任期中の重要なテーマだったと振り返りました。この中で赤羽大臣は「水害対策では、上流から下流まで一体的に治水対策を行う『流域治水』という概念で計画的に対策を進めてきた。一方で、ことし7月に起きた静岡県熱海市の土石流被害が象徴的なように盛り土の問題がまだまだ存在している。あのような災害が起きた反省から関係省庁で会議を立ち上げるなど対策に動き始めているが、新政権でも引き続き取り組んでいただきたい」と述べました。

また、新型コロナウイルスへの対応では「1番厳しい状況が続いているのは、観光関連と交通事業者だ。これらの産業は大きな雇用を抱えており、しっかり支えることは、地方創生につながる。これまで観光や交通事業者を支えるため大きな予算を確保してきたが、これで十分なのか、よく精査しながら、引き続き継続的に対応していかなければならない」と述べました。

加藤官房長官「『ウィズコロナ』時代への道筋作りが必要」

加藤官房長官は、記者会見で「コロナ禍の中で、国民の生活の回復とワクチン接種を進める中で、感染の拡大もしっかり抑え『ウィズコロナ』の時代への対応の道筋を作っていくことがさらに必要だ」と述べました。
そのうえで「グリーン、デジタルなど成長分野について戦略を取りまとめたが、大事なのは、戦略を具体的に実行し、国全体や企業、個人を含め、そうした方向で動いてもらうことだ。岸田政権にしっかりと引き継ぎをさせていただきたい」と述べました。

河野規制改革相「120点くらいいただけるのでは」

河野規制改革担当大臣は記者会見で、みずからの実績について「規制改革はかなり進んだ。ワクチン接種では、自治体に対して『箸の上げ下ろし』までやろうとしていた厚生労働省をはり倒してきたし、ファイザーなどとの交渉を連日やって、ワクチンを途切れずに供給できたのはよかった。100点満点で、120点くらいいただけるのではないか」と述べました。

一方、自民党の広報本部長に起用されたことについて、記者団から「軽い人事ではないか」と問われたのに対し「振り返ってみると、防衛大臣から特命担当大臣になったときに『省を持たない格下げ人事だ』と言った方もいるが、きょう、そんなことを言う人は、たぶん1人もいない。そういうことなんだと思う」と述べました。

西村経済再生相「まだまだコロナ対策続く前提で対応を」

西村経済再生担当大臣は記者会見で、新型コロナウイルス対策について「いろいろな批判もいただいたが、ボクシングを学生時代にやっていたので、打たれ強く、とにかく国民の命と健康を守ることを最優先で取り組んできた。画期的な治療薬が出てくれば、KO勝ちとなるが、まだまだラウンドが続く前提で対応していかなればならない」と述べました。

そのうえで、今後の課題について「法律上、強い措置で短期間に感染を抑えるという対応ができない面もあったので、特別措置法の改正は、当然、視野に入れなければいけない」と述べました。

平井デジタル相「デジタル庁は奇跡的にできた役所だ」

平井デジタル大臣は、記者会見で「設計図も法律も予算も何もない中で船出をして、先月、デジタル庁をスタートできた。菅総理大臣という、各省に強い力を発揮できる総理大臣が誕生し、新型コロナでこの国のデジタル化が遅れていることが顕在化するなど、いろいろなものが全部合わさったタイミングで、いわば奇跡的にできた役所だ」と振り返りました。
そのうえで「後任の牧島かれん氏は、苦労はすると思うが、デジタル改革の方向性を理解したうえで就任される。職員も全力を出し、組織を前に動かせば、必ず成果は出て、彼女はまさに改革のスターになれるはずだ」とエールを送りました。

井上科学技術相 日本学術会議の在り方「政府としての方向性を」

井上科学技術担当大臣は、記者会見で、日本学術会議の在り方について「改革の方針を任期中に決めることができなかったのは少し残念に思っている。大きな改革をするためには丁寧に時間をかけて、関係者と協議することも大切なので、後任の大臣にはしっかりやっていただいて、政府としての方向性を出してもらいたい。いろんな議論や意見の聴取はかなり積み上がってきていると思う」と述べました。