北海道北部で「記録的短時間大雨情報」土砂災害に厳重警戒を

前線を伴った低気圧の影響で北海道北部では大気の状態が非常に不安定となり、4日未明には「記録的短時間大雨情報」も発表されました。土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水や河川の増水などにも警戒が必要です。

気象庁によりますと、低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、北海道の北部では大気の状態が非常に不安定となり、発達した雨雲が流れ込んでいます。

レーダーによる解析では、猿払村付近で午前2時までの1時間におよそ100ミリ、稚内市南部付近で午前1時40分までの1時間におよそ80ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。

稚内市、利尻町、利尻富士町では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されています。

北海道北部ではこのあとも昼前にかけて雷を伴って激しい雨の降るところがある見込みです。

気象庁は土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水や河川の増水、暴風にも警戒するよう呼びかけています。