自民 岸田総裁 デジタル相に牧島かれん氏 起用の意向固める

自民党の岸田総裁は、4日に発足させる新内閣のデジタル大臣に、麻生派の牧島かれん氏を起用する意向を固めました。
牧島氏は初めての入閣で、行政改革と規制改革も担当します、

牧島氏は、衆議院神奈川17区選出の当選3回で、44歳。

自民党麻生派に所属しています。

平成24年の衆議院選挙で初当選し、これまでに内閣府の政務官を務めたほか、菅政権では、若手議員の登竜門とも言われる自民党の青年局長に女性として初めて就任しました。

また、デジタル庁の創設に向け、自民党の推進本部で、座長を務めた甘利幹事長のもと、組織や役割についての提言の取りまとめに当たりました。

岸田総裁としては、牧島氏がデジタル政策に精通していることに加え、若手や女性の登用をアピールするねらいがあるものとみられます。

牧島氏は初めての入閣です。