日産 スペインの工場を中国メーカーに売却協議 構造改革の一環

日産自動車は、スペインのバルセロナにある工場について、中国の自動車メーカーに売却する方向で協議を進めると明らかにしました。
日産が進めている構造改革の一環で、今月中の決定を目指すとしています。

日産自動車は、低迷する業績を立て直す構造改革の一環で、スペインのバルセロナにある工場を年内に閉鎖する方針ですが、この工場を中国の自動車メーカー、長城汽車に売却する方向で協議を進めると明らかにしました。

今月中の最終決定を目指すとしています。

スペインの工場をめぐっては、日産は去年、閉鎖の方針を示しましたが、スペイン政府や現地の従業員が強く反発し、閉鎖時期を1年、延期していました。

日産は、ゴーン元会長が進めた拡大路線を見直し、生産能力を減らしながら日本、中国、アメリカの3つの市場に集中していくことにしていて、スペイン工場の売却が実現すれば、こうした改革が進むことになります。