自民 岸田総裁 経済再生相に山際大志郎氏 起用の意向固める

自民党の岸田総裁は、4日に発足させる新内閣の経済再生担当大臣に、麻生派の山際大志郎氏を起用する意向を固めました。
山際氏は初めての入閣で、新型コロナウイルス対策も担当する見通しです。

山際氏は、衆議院神奈川18区選出の当選5回で53歳。

自民党麻生派に所属しています。

獣医師として動物病院での勤務を経て、平成15年の衆議院選挙で初当選し、これまでに内閣府政務官や経済産業副大臣を歴任し、菅政権では、党の政務調査会長代理を務めてきました。

今回の総裁選挙では、岸田氏の推薦人となっていました。

岸田総裁としては、経済やエネルギー政策に明るい山際氏を起用することで、総裁選挙の際に掲げた新しい資本主義の具体化を図るとともに、山際氏が甘利幹事長にも近いことから、政権基盤を固めるねらいもあるものとみられます。

山際氏は初めての入閣です。